被リンク対策を気にしている女性

被リンク対策をする上で重要なことは、リンクの数よりもリンク元のドメインの数のほうが重要です。ただ闇雲にリンクを増やしていくだけでは効果が薄いのです。様々なドメインからリンクされるように考えてサイトを作りましょう。

ソーシャルメディア時代のドメインの文字数について

近頃はソーシャルメディアの時代と呼ばれるほどソーシャルメディアは普及していて、長い文字数のドメイン名のURLのホームページを運用することはデメリットにはなり得ない状況になっています。
逆に、長い文字数のドメイン名のURLのホームページの方がメリットがあることも考えられます。
近頃ではインターネットを利用するときにURLをアドレスバーに入力して、特定のホームページにアクセスするという機会は、ほとんどありません。
入力する機会がある場合も、メジャーなブラウザを利用していれば、入力を補完する機能が搭載されていて、文字列をある程度入力すれば候補となるURLが表示されるので、URLを自力で最後まで入力する必要は、ほとんどありません。
そのため、入力間違えのリスクや入力の手間を理由に、短い文字数のドメイン名にこだわる必要はありません。
近頃のインターネットの利用でホームページにアクセスするのは、URLリンクから行われることが多くなってきています。
URLリンクからアクセスするのはソーシャルメディアが言及されていることがきっかけになっているのがほとんどです。
URLリンクからアクセスする利用者は、URLの文字列に興味を持つ訳ではなく、記事のタイトルに興味を持ってアクセスすることになります。
近頃のインターネットの利用でホームページにアクセスする方法として、もう一つ多いのが検索エンジンを利用して検索する方法になります。
ほとんど場合が知りたいと感じている事柄をキーワードとして入力をして検索することになるため、アクセスするホームページのドメインの文字数の多さが問題になることは、ほとんどありません。
そのため、ドメインの文字数の多さは、そのホームページにアクセスしやすいかどうかに影響を与えることは、ほとんどありません。