被リンク対策を気にしている女性

被リンク対策をする上で重要なことは、リンクの数よりもリンク元のドメインの数のほうが重要です。ただ闇雲にリンクを増やしていくだけでは効果が薄いのです。様々なドメインからリンクされるように考えてサイトを作りましょう。

ドメインでのdev切り替えについて

ドメインは購入後にドメインネームサーバに登録してからWebサーバに設定となりますが、多くの場合dev切り替えのタイミングがうまくいかなくてサイト公開が適切では無いケースが多くなっています。特に中古ドメインを利用した場合に起こることが多く、サイト構築では注意が必要です。中古物件を利用した場合に特に気になるのが前のWebサイトの状態です。中古ドメインは以前にウェブサイトとして稼働していれば検索サイトなどからの評価を持っている場合があります。検索サイトでの評価はインデックスとして残されており、検索サイトでドメイン検索をすればすぐに分かります。インデックスが多ければ多いほど評価されていた事になり、新規ウェブサイトでもいきなり検索上位にたてることも少なくありません。しかし、この評価を活かすためには2つのことに注意が必要です。1つはパスが合っていることです。パスがあっていなくてもドメインとしての評価はあると言われていますが、評価があっても実際のPVはやってきません。パスがしっかり合っていることはPVを安定して得るための方法ともいえます。2つめはコンテンツです。ウェブサイトが立ち上がるとすぐに検索サイトからロボットがやってきます。基本的には全てのコンテンツがチェックされますが、インデックスがある場合はそのパスの先のコンテンツをチェックします。その際、中身がまったく違うカテゴリであった場合はインデックスが再検討され、最悪削除となります。そのため、最低でもカテゴリを合わせ、キーワードを入れておくことが大事になってきますし、検索サイトでの評価を活かすサイトにすればするほどPVも上がっていくと考えられています。