被リンク対策を気にしている女性

被リンク対策をする上で重要なことは、リンクの数よりもリンク元のドメインの数のほうが重要です。ただ闇雲にリンクを増やしていくだけでは効果が薄いのです。様々なドメインからリンクされるように考えてサイトを作りましょう。

被リンクされるときに注意すべきドメイン

ドメインは検索エンジンに於いて重要な意味を持ちます。検索エンジンが上位サイトを決定するためにサイトをチェックする際のアルゴリズムに付いては詳細は公開されていないため不明ですが、多くはアクセス数の多さと、アクセス元の多さを総合的に判断して決定しているとされています。その際に検索エンジンがキーワードとしているのがドメインで、ドメイン名を持って対象サイトの識別を行っているとされ、そのドメインを有効に利用することでサイトの内容が異なっても検索エンジンが初めに決めた順位を継承できるとさえているのです。

この原理を利用して、既に検索エンジンに高い評価を受けているドメインを入手し再利用することでアクセス数を増大させようとする方法が中古ドメインを利用する方法です。中古ドメインは一度インターネットに登録された実績が有るため検索エンジンの評価を受けており、この評価が高い中古ドメインほど、利用価値が高いということになるのです。

但し、中古ドメインには大きなリスクが有り、過去にアダルトサイトに利用されて不適切なサイトとして指定されているものや、不正なリンクなどを利用してアクセス数を稼いでいた実績のあるドメインは、検索エンジンでブラックリストに登録されていたり、ペナルティを受けている可能性があります。その為、このような中古ドメインを利用した場合にはどのような対策を行っても検索エンジンの評価の対象から除外されてしまい、上位になることができないことになってしまうのです。

又、この現象は自分が使用するドメインでなくリンクを受けるサイトがこのようなドメインを使用している場合にも注意が必要です。検索エンジンではこのようなサイトにリンクを受けているサイトも悪質サイトとしてペナルティを与える可能性が高いためです。被リンクを受ける際には、リンク元のドメインについても確認が必要です。