被リンク対策を気にしている女性

被リンク対策をする上で重要なことは、リンクの数よりもリンク元のドメインの数のほうが重要です。ただ闇雲にリンクを増やしていくだけでは効果が薄いのです。様々なドメインからリンクされるように考えてサイトを作りましょう。

複数のドメインをグーグルアナリティクスで一括で分析

ドメインを複数運用していく場合、それぞれのサイトをグーグルアナリティクスで個別に分析することは必要ですが、ときに一括で分析したほうが効率が良い場合もあります。たとえばフィルタ機能などを設定するのに、同じ設定を全てのドメインに各々適用するのは手間がかかります。また、複数のドメインのうち、キーワード選定やコンテンツなどが類似しているサイトをグループ化して、一括で分析したほうが、検索クエリのトレンドを把握するのに都合が良い場合もあります。
グーグルアナリティクスではアカウントが最大100個、それら各アカウントに対してプロパティが最大50個設定できます。一つのアカウントに対してプロパティを一個ずつ設定していくと、一つのプロパティの情報を個別にしか分析できませんが、一つのアカウントに対して、複数のプロパティをまとめて登録すれば、まとめた分のプロパティを一括で分析できます。そこでこのプロパティに、運用しているドメインをそれぞれ登録していきます。たとえば、SEOに関するサイトを5個運用している場合、それらをまとめる「SEO」アカウントを作成します。アカウントを作成するには、グーグルアナリティクスの管理画面で行います。アカウントを作成したら、画面右側の「プロパティ」メニューをクリックして「プロパティを追加」をクリックします。ここに5個分のサイトをそれぞれ登録していきます。
これらのサイト全てに同一のフィルタをかけたい場合は、「ビュー」の下にあるフィルタのアイコンをクリックします。ここでの設定が全てのドメインの分析に反映します。
ここで生成したビューに固有の名前を付け、グーグルアナリティクスのレポート画面左上にあるメニューからビューを選択することで、複数のドメインを一括して分析が行えます。